チャットレディで得た収入の確定申告について

チャットレディは会社に雇われておらず、業務請負契約でお仕事をします。つまり個人事業主ということになるのです。

チャットレディの場合、1年間に得た収入などにより確定申告が必要になることがありますので、確定申告についてしっかりと学んでおきましょう。

ここではチャットレディ収入の確定申告について詳しくご紹介します。

チャットレディは確定申告しないといけないの?

1年間(1月1日から12月31日迄)に得たチャットレディ所得によって、確定申告が必要、不要に分かれます。

チャットレディは事務所に雇用されているのではなく「業務提携契約」をしています。そのため所得に応じた税金は自分で確定申告をする必要があります。

所得とは「収入」から「必要経費」を差し引いた金額です。例えばチャットレディだけを仕事にしている女性が、1年間に40万円の収入があり、経費が10万円かかっていたとすれば、所得は30万円ですので確定申告の必要はなくなります。

税金を収める必要がある年間所得は下記になります。

チャットレディが本業の場合
チャットレディ所得が1年間で「38万円」を超える場合は、確定申告が必要です。

チャットレディ以外に収入がある場合
チャットレディ所得が1年間で「20万円」を超える場合は、確定申告が必要です。

チャットレディの経費として認められる可能性があるもの

家賃、光熱費、インターネット接続料、パソコン購入費(レンタル費)、ウェブカメラ代、化粧品代、洋服(コスプレ)代、美容院代、携帯代、その他チャットレディの仕事の為に購入した物等

収める税金を減らす(節税)するには、かかった経費を漏らさないことが大切です。

「これは経費になるのかな?」と思うようなものもありますが、チャットレディの仕事に必要だと思う経費は、全てレシート、領収書を保管しておきましょう。

「これは仕事に必ず必要です!」と言い切れるものであればほぼ大丈夫でしょう(※収入と経費のバランスにもよりますので、最終的な判断は税務署にご確認ください)。

チャットレディ収入は本業にバレずに確定申告できるの?

「本業の収入だけでは生活できない…」という悩みを持っている女性が、本業の合間にチャットレディをして副収入を得ているというケースは、決して少なくありません。

しかし、正社員で仕事をしている女性が副業でチャットレディをして、年間20万円以上の収入を超えてしまった場合は、確定申告が必要になります。

その場合、会社にチャットレディの副業がバレることなく確定申告ができるのでしょうか。

住民税が極端に高くなりバレるケース

正社員の場合、住民税は通常会社が支払っているケースがほとんどです。

会社に副業がバレてしまうのは人事担当者が同じ水準の給与をもらっている人と住民税を比較したときです。

明らかに住民税が高いと「なぜこの人だけこんなに住民税が高いのだろうか?」と疑問を持ちます。そこから発覚するというパターンが多いのです。

住民税は普通徴収(個人で納税する)と、特別徴収(会社の給与から天引される)の2通りの納税方法があります。

確定申告時には給与所得以外の収入はその2種類から自分で選択できるようになっています。

注意したいのは、チャットレディで得た収入が「給与所得」の場合です。

給与所得の場合は基本的に本業収入と合わせての特別徴収になりますので、会社にはチャットレディ収入分も含めた住民税の額が報告されてしまいます。

そのため極端に住民税が高いと人事担当者が疑問を持つのです。

副業のことをうっかり喋ってしまいバレるケース

会社の飲み会などで酔った勢いで、うっかりチャットレディで副業をしていることを喋ってしまった、口が軽い同僚や先輩につい喋ってしまったなど、本人が口を滑らしてしまい会社にバレてしまったというケースも多くみられます。

チャットレディの収入が増えると、人におごる機会が増えた、ブランド品を多く持つようになった、引っ越した、旅行に行く機会が増えたなど、今まではできなかったことができるようになります。

他人はそのような変化にとても敏感です。

「最近羽振りがいいね。何かあったの?」と聞かれても、本当にバレたくないのなら絶対に副業のことは喋らないのが鉄則です。

マイナンバー制度で副業がバレてしまうの?

マイナンバー制度が導入された頃は「マイナンバーで副業がバレてしまう!」と大騒ぎになったことがありますが、キチンと確定申告をして、申告時に住民税は普通徴収にすれば会社にバレてしまうことは少ないと思われます。

※住民税の徴収については各地方自治体により取扱が異なります。実際に確定申告をされる際はお住いの市区町村の役所、税務署等にご確認ください。

チャットレディの確定申告方法

 

確定申告できる期間は2月16日~3月15日

確定申告ができる期間は、毎年「2月16日~3月15日」です。

確定申告の対象は、申告をしたい年の前年度1月1日~12月31日までの1年間分です。

確定申告書類は、確定申告時期が近づくと国税庁のサイトからダウンロードでき、市区町村役場、公共施設などでも配布されます。青色申告を申請している方は確定申告書が税務署から送付されます。

ちなみに、確定申告期間中の税務署は大混雑しています。特に3月は受付まで数時間待ちということもありますので、できるだけ2月中に済ませるのがおススメです。

確定申告書を自分で作成できる方は郵送で税務署に送付することも可能です。

確定申告の方法は何があるの?

確定申告の方法には「白色申告」、「青色申告」の2種類があります。

白色申告
確定申告時に青色申告を比べて手間がかかりません。比較的収入が少ない個人事業主に向いています。

帳簿 … 必要(単式簿記)
税務署への事前届出 … 不要
確定申告時の作成書類 … 収支内訳書、確定申告書B
節税メリット … 青色申告と比較すると少ない

青色申告
単式簿記、複式簿記から選択できます。白色申告より手間と知識が必要ですが、控除額が大幅に増える、赤字を3年繰り越せる、減価償却を300万円まで一括計上できる、給与を経費に計上できるなどの節税メリットがあります。

帳簿 … 必要(複式簿記)
税務署への事前届出 … 必要
確定申告時の作成書類 … 所得税青色申告決算書、確定申告書B
節税メリット … 節税メリット大

チャットレディ所得が年間どのくらい見込めるかによって、確定申告の方法を選択するのがいいと思います。

確定申告初心者の女性は白色申告から始めて、翌年は青色申告に挑戦してみるというのもいいですね。

チャットレディは立派な個人事業主です。確定申告は税金、社会の仕組みを改めて学ぶよい機会ですので、経費の領収書、レシートは一枚も無くさずに保管しておきましょう。

チャットレディ所得によって確定申告が必要かどうかが決まる

チャットレディ所得により、確定申告をする必要があるのかどうかが決まります。

チャットレディでガッツリと稼げそうだ!と手応えを感じた女性は、お仕事にかかった経費のレシート、領収書は漏れなく取っておきましょう。

マイナンバー制度の導入により、税金未納は今まで以上に厳しくなっています。

確定申告は申告ソフトなどを利用すればとっても簡単に書類作成ができますので、利用してみるのもおススメです。

「チャットレディで得た収入の確定申告について」に関連する記事

  • チャットレディの面接や登録時に必要なものは?

  • 未経験者でもチャットレディでしっかりと稼ぐコツとは

  • チャットレディをしていることが誰にもバレない方法とは

  • 吉祥寺のチャットレディ店舗で楽しく安全にお金を稼いじゃおう♪

  • ホントに稼いでいるチャットレディの報酬はどのくらい?

  • アクセス抜群の池袋でいつでも気軽にチャットレディで稼ぐ♪

新着の記事

  • 吉祥寺のチャットレディ店舗で楽しく安全にお金を稼いじゃおう♪

  • ホントに稼げる!?在宅で稼げるチャットレディのお仕事とは

  • 高収入を稼ぎだせるチャットレディの仕事は通勤か在宅を選べる♪

  • 横浜にあるチャットレディ事務所は駅チカでとっても便利♪

  • チャットレディの仕事はメールのみでできるのか調べてみました

  • チャットレディで得た収入の確定申告について

  • チャットレディは事務所への通勤タイプが断然おすすめ!

  • 人気のチャットレディ事務所は清潔感あふれる寮を完備しています!

  • チャットレディはシフトが自由に組めるから副業にピッタリ♪

  • チャットレディをしていることが誰にもバレない方法とは

カテゴリー